徒然なる徒然

出版社員が語る読書その他カルチャー

「ワイルド・スピード ジェットブレイク」の感想や簡単なあらすじを紹介!

f:id:yskblogg:20210809010408p:plain

「ワイルド・スピード」

「ワイルド・スピード ジェットブレイク」は「ワイスピ」シリーズ9作目となる作品です。

この作品のひとつ前の「アイスブレイク」からの繋がりがありましたので、まずは、スカイミッションの簡単なあらすじを振り返りたいと思います。

 

 

「ワイルド・スピード アイスブレイク」あらすじ

平凡な日常を送っていたドミニクファミリーのドミニクのもとに不吉な知らせが届く。

サイファーというサイバーテロリストにドミニクの元恋人エレナ(レティが死亡したとされていた間に恋人関係に。エレナはホブスの元部下)が捉えられ、そこにはエレナとドミニクの間にできた子供も一緒に捉えられていた。

そのことにより、ドミニクはサイファーの言いなりになり、大量破壊兵器であるEMPを奪うことになった。ホブスたちが先んじて手に入れていたところを襲撃しEMPを奪取する。

ドミニク&サイファー VS. ドミニクファミリー&ホブスの構図ができるが、ドミニクファミリーは何かしらの事情があるだろうということでドミニクを捕獲しようとする。

ドミニクは途中で、デッカード・ショウの母親に会い、ショウ兄弟の手を借りて息子を助け出すように依頼する。

そして、人質となっていた息子(後にブライアンと名付けられる)を救出したことで、サイファーVS.ドミニクファミリー(ドミニク含む)&ホブス&ショウ兄弟という風になった。 

 

「ジェットブレイク」あらすじ

ドミニクの父はレース中の事故により亡くなった。しかし、そこでは父親を狙うレーサーの姿があり、ドミニクはレーサーへの暴行により逮捕される。陥落していくトレット家。実はドミニクには弟、ジェイコブがいた。服役中に知り合いになった囚人との会話で、弟の故意による整備不良で父親が亡くなったとわかったドミニクは弟をトレット家から追放する。

その弟がサイファーやオットーという某国外交官の息子と手を組み、「アリエス」という全世界のコンピュータをハッキング可能な兵器をMr.ノーバディから奪ったのだった。

平穏に暮らしていたドミニク、レティ、そしてリトルBの元にローマンら仲間がやってきて、Mr.ノーバディからの球場要請を伝え、ドミニクは悩んだ末に参加を決意。

ドミニクファミリーVS.ジェイコブ・トレットの戦いが始まる。

そして、経緯は省きますが作中ではハン・ルーの復活も見ることができます!

詳しくはこちら↓

yskblogg.hatenablog.com

  

「ジェットブレイク」感想

シリーズ9作目「ジェットブレイク」での一番のテーマは家族愛。

ブライアンとミアも家庭を築き、ドミニクとレティも家族を築きました。

家族というのは平穏をもたらしてくれる良い存在です。

そんなところへ、実の家族であるジェイコブの暴走が始まり、ドミニクとしてももう一人の家族を正しい道へ戻す決意をしていくのでした。

また、「TOKYO DRIFT」で死んだとされていた、ハン・ルーの復活は何と言っても見どころ抜群なのですが、再開したハン・ルーにも家族ができていたのでした。

作品ではド派手なアクションや設定に目が行きがちですが、こんな時期だからこそ改めて見つめなおしたい家族愛という温かいストーリーだなと思いました。

 

f:id:yskblogg:20210808023125p:plain

「ワイルド・スピード」
Amazonプライムビデオで観る

↓Twitterでは読書・映画などについてつぶやいたりしています↓

ぜひお友達になって下さい!!

twitter.com