徒然なる徒然

出版社員が語る読書その他カルチャー

SF作品は実現するのか!?ーSFプロトタイピングという考え方

SFとは(science fictionの略)とGoogle先生で調べると、 科学が進んだ未来の社会とか宇宙とかを舞台とする、空想的な小説。空想科学小説。 という風に出てきます。 「科学が進んだ未来の社会」というのがミソですね。 SF作品は実現するのか SFは未来を創る …

サマーウォーズの名セリフ「よろしくお願いします」意味とは!?健二とおばあちゃんの関係性に注目!

「サマーウォーズ」 夏の映画といえば「サマーウォーズ」ですよね。 高校生の小磯健二くんが、憧れの先輩・篠原夏希さんの実家に泊まりに行った先で〇✕*△#☐$という物語です(笑) 一度見たことがある方はご存知かと思いますが、終盤に訪れる世界を救う言葉…

日本のヤクザ・山口組の歴史を知れる本ー『喰うか喰われるか』(溝口敦)レビュー

山口組というのも暴対法で段々と影響力が弱まっていっていて、いつの日か消滅してしまう日もあり得るのではないか(歴史に組み込まれる)という思いで、この本を書かれたそうです。

「ホテル・ムンバイ」あらすじやネタバレ解説|どこまで実話の映画なのか

「ホテル・ムンバイ」より 最近「ホテル・ムンバイ」という映画を観まして、様々な実話映画を観てきましたが、その中でもかなり悲惨な事件だったのではないかと思い色々調べてみました。 基本的に実話をもとにした映画だそうで、ムンバイ(旧ボンベイ)で起…

『ロスト・ラッド・ロンドン』(シマ・シンヤ)あらすじ・ネタバレ感想

「ロスト・ラッド・ロンドン」⒞シマ・シンヤ/コミックビーム 最近コミックビームで連載されていた作品で『ロスト・ラッド・ロンドン(Lost Lad London)』という作品があり、とても高評価を得ています(ブクログ評価 4.3/5 ※2021/7/20時点)。 最近本屋でよ…

『盲目的な恋と友情』(辻村深月)あらすじ・ネタバレあり感想

大学で一瀬蘭花に出合い、それまで思っていたイケイケ女子に対する偏見が解けたかに思われましたが、実際は一瀬蘭花を通してイケイケ女子が経験してきた恋愛を間接的に経験するという高等テクニックを見せます

2021年「ノンフィクション大賞」大予想|1年間でおもしろかったノンフィクションTOP3作品

Yahoo!・本屋大賞「ノンフィクション大賞」より 2021年7月20日に第4回「ノンフィクション大賞」(Yahoo!ニュース・本屋大賞共催)のノミネート作品が発表されます。 その後、二次選考で全国の書店員の投票を経て11月上旬に発表となる予定です。 私事ではご…

【書評】『「自分らしさ」と日本語』(中村桃子)|アイデンティティと自分らしさの表現

『「自分らしさ」と日本語』(C)中村桃子 あまり最近は聞かなくなったような気がしますが、小中学生の女子が自分のことを「うち」という問題。(私の小学校では男子も一部使っていた) 「うち」ってなんやねん!っていう疑問がようやく解けました。 答えは…

本屋大賞作品『流浪の月』映画化決定!松坂桃李×広瀬すずのW主演でヒット間違いなし!

「流浪の月」(c)凪良ゆう 2020年本屋大賞を受賞して話題になった「流浪の月」(著 凪良ゆう)の映画化が決定しました。 主演はなんと、松坂桃李さんと広瀬すずさんという実力派のおふたり。 あらためて本作のストーリーと映画の見どころ予想を考えてみました…

【あらすじ・ネタバレ感想】ナム・ジュヒョク出演「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」

「恋のゴールドメダル」 「スタートアップ:夢の扉」にも出演していた塩が尾イケメン俳優のナム・ジュヒョクさんが出演している「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」のキャスト・あらすじ・ネタバレあり感想も書いていきたいと思います。 ち…